主催:厚生労働省

市民向けシンポジウム がんの痛みは正しい知識で取る~医療用麻薬はどんな薬でどう使われるのか?

患者さんやご家族などの中には、医療用麻薬に対して漠然とした不安や誤解が根強くあります。実際にがんの痛みの治療が必要な場面でも、不安や誤解が強いままでは安心して痛みの治療を受けていただくことが難しくなります。このたび、「麻薬は恐い!」と思っている方に、違法な麻薬の怖い側面と、医療用麻薬の必要性や安全性を理解していただき、「がんの痛みは、医療用麻薬を適切に使用することで取り除ける」という正しい知識を普及することを目的にシンポジウムを開催することになりました。多数の皆様のご参加をいただきますよう、ご案内申し上げます。
名称 市民向けシンポジウム がんの痛みは正しい知識で取る~医療用麻薬はどんな薬でどう使われるのか?
日時 東京:2019年2月23日(土)14:00-16:40
大阪:2019年3月9日(土)14:00-16:40
定員 東京:200名
大阪:200名
会場 東京:TKP 東京駅日本橋カンファレンスセンター ホール7(東京都中央区八重洲1-2-16 TG ビル別館7F)
大阪:TKP ガーデンシティ大阪リバーサイドホテル 4F カンファレンスルーム(大阪府大阪市都島区中野町5丁目12-30)
主催 厚生労働省
共催 日本緩和医療薬学会
入場費 入場無料
企画・運営事務局 オスカー・ジャパン株式会社